ホーム>購入をお考えのお客様

購入をお考えのお客様

ご購入までの流れ

STAGE.01 購入希望条件をお聞かせください

まずは、住まいの購入目的・動機は? また、ご家族構成やライフスタイルなど、じっくりとお聞かせ下さい。

「希望条件」を整理しましょう

自己資金やローン返済の上限を決めた上で、どれくらいの住まいが購入できるかを検討します。

次に大切なのが希望条件。優先順位をつけるとすれば...デザイン?広さ?日当たり?学区域?交通の便?などなど...
何が一番ゆずれないポイントなのか、思いつくままに書き出し、整理してお聞かせ下さい。

STAGE.02 資金計画

「私達は一体いくらの住まいが買えるのかな?」「自己資金はいくら必要なの?」まずは、資金計画について検討します。購入にあたっては、物件価格の他にも、税金・保険さまざまな諸経費が必要になります。

資金計画と希望条件のバランスを考え、住まいの購入にはムリは絶対やめましょう!!

購入にはどんな経費がかかるの?

購入する住まい(新築・中古)か、または取引形態が(売主・代理・仲介)などによっても経費は異なります。  ここでは、基本的な経費についてご紹介します。

契約時

手付け金 印紙代 仲介手数料の一部など

お引渡し時

登記関係 固定資産税 管理費等 ローン関係 保険料
仲介手数料の残金など

お引渡し後

固定資産税・都市計画税 不動産取得税 引越し費用
家具・カーテンなど

STAGE.03 さぁ!住まいを見学しましょう!

事前の住まい選びで気に入った住まいが見つかったら、すぐに現地を見学! 建物や周辺環境、交通の利便性、 日当たりなど、現地でしか分からない事を確認します。

建物のチェックポイント

広さ・間取りが条件を満たしているか
構造の基礎・躯体はしっかりしているか
内装の設備・仕様に問題はないか
建物や地盤などの保証条件はクリアしている物件か
中古物件の場合、建築後の年数と管理はどうか

周辺環境のチェックポイント

生活関連施設は充実しているか(公園・学校・商業施設)
交通の利便性はどうか(駅までの所要時間・混雑状況)
立地に問題はないか(近隣の建物など)
周辺環境はどうか(駅・学校までの道のり)
日照に問題はないか

STAGE.04 ご購入のお申込み

たくさんの物件を検討した上で、「ここに決めた!!」と言う物件が見つかったら、「不動産購入申込書」にて購入を申し込みます。

不動産売買契約

契約条件で合意ができたら、当社の宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受けた上で、売主と売買契約書を交わし、 当事者の権利・義務を明らかにします。

契約時に必要なものは?

ご実印 ●手付け金:現金か預金小切手で用意します。
印紙代:売買代金によって異なります。
仲介手数料の半額、(中古住宅)  別途消費税が必要です。
住宅ローン申込み書ほか

STAGE.05 ローンのお申込み

契約が終了したら、必要書類を揃えて、住宅ローンの申込み手続きを行います。 当社は金融機関との提携ローンのご紹介も致します。

住宅ローンにはどんな種類があるの?

大きく分けると3種類あります。

公的資金

住宅金融公庫・年金住宅融資・財形住宅融資・地方自治体の融資など

民間融資

銀行・信用組合などの民間金融機関融資です。ローンの種類なども多く、希望に合わせた融資商品が豊富にあります。

お勤め先の社内融資

お勤め先でも住宅取得のための社内融資があるかもしれません。

STAGE.06 お引き渡し・ご入居

ローンを組んだら、自己資金の残りと融資されたお金で、売買代金の全てを支払います。 支払い後、住まいのお引渡しとなります。引越し後、いよいよ新居でご家族の楽しい新生活が始まります!

ページ上部へ